▼このNEWSをSNSでシェアしよう!

病気だと言われる、プラス・マイナス岩橋良昌さん。

その病気を多くのサイトが「トゥレット症候群である」と書いています。

 

いった岩橋さん本人は、その話をどう思っているのでしょうか?

本日はそんな芸人さんの本音をお届け足ます。

注目のポイント

芸風を病気だと捉える人は非常に多いですね。

プラス・マイナス岩橋良昌は病気?浜田にあっかんべー?歯が取れた?

岩橋良昌
出典:https://shinbishika-guide.com

岩橋良昌さんは「やってはいけないこと」をやってしまうクセをもっており、それを芸として昇華させた人として知られています。

あのダウンタウンの浜田さんにあっかんべーをしたり、お寿司屋さんでマナーよくお寿司を食べようという企画でお皿を投げたり。

本当にやってはいけないことをしてしまうのです。

 

過去にあごを「カンカン」しすぎて差し歯がとれたこともありますね。

そしてこの強すぎるクセは、計算ではな天然でやっていることがかなり多いようなのです。

だから病気だと言われているのですね。

彼のこのクセ芸は現在受け入れられていますが、そこまでいくには様々な葛藤や苦労があったのではないでしょうか?

こうした「病気?」と思われる芸風は賛否両論を巻き起こしてしまうものですから……これからも大変なことはあるかもしれませんね。

岩橋良昌のクセ芸はトゥレット症候群ではない?本人が「言われたこと無い」と発言!


様々なサイトで、岩橋良昌さんはトゥレット症候群であると明言されています。

トゥレット障害(トゥレットしょうがい、英語: Tourette syndrome)またはトゥレット症候群とは、チックという一群の神経精神疾患のうち、音声や行動の症状を主体とし慢性の経過をたどるものを指す。小児期に発症し、軽快・増悪を繰り返しながら慢性に経過する。トゥレット症候群の約半数は18歳までにチックが消失、または予後は良いとされている。

チックの症状のひとつに汚言症があり、意図せずに卑猥なまたは冒涜的な言葉を発する事から社会的に受け入れられず二次的に自己評価が低下したり抑うつ的になったりすることがある。ただし、この症状が発症することは稀で子供や軽症例では殆ど見られない。

出典:Wikipedia

ですが実はこれは「憶測の域」を出ない話で断言はできないことだったりしますので、岩橋良昌さんがトゥレット症候群であると決めつけないように注意しましょう。

トゥレット症候群については岩橋良昌さんは、以下のようにコメントされています。

ネットでぼくのことを調べると、「岩橋 病気」「岩橋 障害」とかばっかり(サジェストとして)出てくるんです。「岩橋 トゥレット症候群」という言葉も出て来ます。でも、ぼく自身はそんな診断をされたこともないし、その時にはじめて聞いたほどです。

出典:SYNODOS

彼の言う通り、現在検索をかけると「岩橋良昌はトゥレット症候群である」という話をまとめたサイトばかり……。

岩橋良昌さんの本人の談よりもその話が有名になってしまっています。

 

なんだかとても、考えさせられる話ですね。

プラス・マイナスはM-1グランプリ2018で優勝できるのか?

それでは最後に、現在M-1グランプリ2018年の準決勝へと進出しているプラス・マイナスに対する世間の声を見ていきましょう!

クセを完全に芸へと昇華させた岩橋さんのいるプラス・マイナス。

注目度はかなり高いようです!

▼このNEWSをSNSでシェアしよう!