▼このNEWSをSNSでシェアしよう!

年上女性のお金を求め「ママ活」を行った男子高校生が補導されました。

このことに対しては「どうしてパパ活女性は逮捕されないの?」という厳しい声が上がっています。

 

今回の報道に対して、皆がどう感じているのか。

ガッツリ紹介していくので、どうぞご覧ください!

注目のポイント

ネット上で簡単に相手を探せてしまう実情にこそ問題があるのかもしれません。

年上女性のカネ狙いで男子高校生補導

年上女性のカネ狙い
出典:Twitter

パパ活→お金を出してくれる「パパ」を探すこと

ママ活→お金を出してくれる「ママ」を探すこと

今回逮捕されたのは、このママ活相手を募集した男子高校生です。

捜査関係者によると、男子高校生は9月下旬、ツイッターに「福岡 17さい ままかつしたい#ママ活募集」と投稿した。

10月上旬、待ち合わせ場所のJR博多駅前の路上に現れた男子高校生を同署員が、不良行為にあたるとして補導。男子高校生は「ツイッターで『ママ活』を知った。バイトをやめてお金がなかった。お金がほしかった」と話したという。

出典:YOMIURIONLINE

女性がパパを探すパパ活が最近では話題でしたが、その逆バージョンも存在するということがこのニュースで一気に知られることとなりました。

パパ活もママ活も逮捕されるのはいつも男性?

パパ活で逮捕されるのはほとんどパパ役、つまりお金を出した側である男性。
そして今回ママ活で補導されたのは男子高校生。

こういった問題の時、女性が逮捕されることが少ないことに疑問を感じている人も多いようです。

今回の場合は高校生という「若い男子」がこうした危ない行為に走らないようにするための補導だったとも見れるところはあると思います。

ですが今後は「ママ活」のママになろうとする女性たちをピックアップしていくことも、必要な気がします。

Twitterは「ママ活、裏垢男子」には厳しくて「パパ活、裏垢女子」には甘い?

ネット上のいろいろな意見を見ていると、ある疑問が湧いてきます。

今回の報道にあった以下の一文。

書き込みを見つけた同署員が、身分を隠してメッセージを送ると、男子高校生は「2時間カフェでまったり会うので7000円」と条件を示した。

出典:YOMIURIONLINE

これをパパ活やママ活をSNS上で募集している人たちに対して、もう少し積極的に行わないのはなぜか?ということです。

 

実際にTwitter上で「#パパ活」「#ママ活」と検索すると……たくさんの募集が出てきます。

裏垢男子、裏垢女子などという言葉も使われていますね。

 

これらを検索してみていくとあることが見えてきます。

周囲からの反応が「ママ活、裏垢男子」には厳しくて「パパ活、裏垢女子」に対しては甘いということ。

ママ活、裏垢男子はほとんど無視されていますが、パパ活、裏垢女子には積極的に話しかけなんとか気に入られようとしている人たちが多数います。

 

確かに今回の補導は、ママ活に対して大きな一手となりましたが……これを行うべき相手はママ活ではなくパパ活だったのではないでしょうか?

こうした報道があると「パパ活に変わる新しい言葉」が生み出されたりして、どんどん「裏」に入り込んでいくのがこうした行為だったりします。

 

今回のニュースがかなりの波紋を読んだことを思うと、警察にはもっとパパ活、ママ活に対して厳しい取り締まりをしてほしいと感じますね。

パパ活はアプリまで許されているというひどい状況!「パパ活ならペイターズ」に多くの人が激怒

今回ネット上で「なんで男性ばかり」という声が上げている多くの方は、女性を批判したいわけではなさそうです。

どちらか言うと警察などの「パパ活」に対する対応の仕方に、疑問を抱いている感じ。

冷静に考えれば、今回ママ活に手を出した男子高校生も悪いですから補導されるのは仕方ないことです。

ただ今回のような補導をするなら「パパ活という言葉を書いたトラックを街中に走らせることもちゃんと規制しろ!」と言いたい人が出てくるのも、仕方のないことではないでしょうか?

「パパ活」はドラマもありましたからね……。

すでに有名な言葉であるパパ活は……野放し。

そしてマイナーな言葉であるママ活が世間に知られたのは「男子高校生の補導」から……。

この先どんな「対応」があるか、しっかり注目していきたいところです。

▼このNEWSをSNSでシェアしよう!