▼このNEWSをSNSでシェアしよう!

本日の話題は、先日発表された「けものフレンズ2」の監督木村隆一さんに対するTwitterでの反応について。

発表があってから数日……今Twitterは、荒れに荒れています。

その原因は……たつき信者

もう「荒れているのが当たり前」となってしまったけものフレンズ周り、落ち着くことはもうないのでしょうか

注目のポイント

やはり、たつき監督自身に対する苦言にも注目です。

木村隆一さんのアンチはたつき監督の信者?

木村隆一さんのけものフレンズ2監督就任に対して「たつき監督を返して」「たつき監督じゃないと嫌だ」という声が多数あがっています。

それに対して、厳しい意見を出している人もたくさん。

 

どうしてもたつき監督と比較されてしまう木村隆一さん。

「2」が評価されなければ「やっぱりたつき監督じゃないからだめなんだ」と言われてしまうのは必須。

 

ですがまだ「2」は放映前……にもかかわらず叩かれているということに疑問を感じている人が声を上げているようです。

木村隆一さんのリプ欄でたつき信者?が大暴れ

けものフレンズ2監督
出典:けものフレンズプロジェクト

どうやら木村隆一さんに「リプ」でたつき監督を返せという人も出現しているようです。

それでは実際にどんなリプがあるのか見てみましょう。


現状を考えると、こういった発言をしているのがたつき監督のファンなのか、それともこの話題に便乗して「わざと目立つ発言」をして楽しんでいるのかわからないというのも、状況をややこしくしていますね。

たつき監督がおかしい?

ではちょっと別の角度から語る方たちをピックアップ。

見ての通り彼らは「たつき監督」自体に疑問を抱いている人たちです。

けものフレンズの騒動の真相は闇の中……。

そんな中、時折「意味深」な発言をするたつき監督に対して、良く思わない人が出てきてしまうのは当然かもしれません。

たつき擁護は狂信者なのか?

今回の木村隆一さんの監督就任は、たつき監督にファンの「悪い部分」を目立たせてしまった気がします。

そんな中、良く使われる言葉は狂信者。

たつき監督のファン全てが悪いわけではありませんが、一部のファンのせいで不快な思いをしてしまっている人がいるのは事実ですから信者アンチが出てきてしまうのも仕方ないと言えます。

一時は「たつき監督は正しい」とネット上の声がまとまっていた時期もありました。

ですが、今そのバランスは崩れているようです。

ヤバイのはたつき信者だけじゃない?真フレの意味ってなに?

けものフレンズは様々な「けもフレ用語」を生み出した作品でもあります。

その中で、あまり良い意味で使われないと用語の一つが「真フレ」

これは、今のけものフレンズ公式に疑問を持たず、作品のファンとしてけものフレンズを楽しんでいる人たちのこと。

こうした言葉が横行しているところからも「けものフレンズのファンなら公式に疑問を抱くべき」という考え方が蔓延していることが、よくわかりますね。

確かにけものフレンズの公式にはおかしいところだらけ。

でも普通に作品だけを楽しむのは、決して悪いことではないはずです。

 

そもそも、アニメ作品において公式の動きを気にするのは「一部のオタク」がするマニアックな楽しみ方の一つのはず。

普通は公式の存在なんて気にもしません。

だからこそ、けものフレンズのこうした「公式の闇を暴くまで作品は楽しんではいけない」という空気感を、気持ち悪いと感じる人は多いのではないでしょうか。

 

そしてさらにやっかいなのは、真フレも真フレでやばい人たちがいるということ。

さっきの話とは逆に「公式の動きを気にするのはおかしい」と過激になってしまっている人なども多数いるからです。

 

だからこそ「真フレ」という言葉を嫌いだという人……。

こうしてけものフレンズの周りを見ていると、一度荒れてしまったものがもとに戻るということがいかに難しいことかわかります。

「たつき監督がけものフレンズに復帰すれば全て丸く収まる」と言われてきたけものフレンズ2ですが、これはもしかすると仮に木村隆一さんではなくたつき監督が戻ってきていても……と思ってしまいますね。

 

▼このNEWSをSNSでシェアしよう!