▼このNEWSをSNSでシェアしよう!

けものフレンズ2の監督に抜擢された木村隆一さん。

前回の記事でも触れたとおり、過去にツイッターで炎上した経験を持っています。

この記事ではその炎上、そして木村隆一さんのツイッターが多くの方に心配されている理由を掘り下げていこうと思います。

ツイッターは炎上の原因になりやすいので、多くの方が注目しています。

木村隆一監督のツイッターは炎上ネタの宝庫?

木村隆一監督は、ツイッターが「あまり得意ではない人」として知られています。

はっきり言うなら「炎上しやすい」タイプですね。


現時点では、けものフレンズ一期の監督であるたつき監督ほどフォロワーもおらず注目もされていませんが、けものフレンズ2の監督になってしまった以上、これから多数の方から厳しい目線を向けられてしまうのは確定したようなもの……。

これからのツイッターの発言は、より高いリスクを伴ってしまうと言えるでしょう。

たつき監督ファンとアイカツおじさん達の関係は大丈夫?

木村隆一さんと言えば、アイカツ!の監督をしたことで有名です。

アイカツ!自体はとても大きなコンテンツであり「アイカツおじさん」と呼ばれる大人のファンも獲得しています。

 

けものフレンズはたつき監督の騒動から「監督」という存在に対して、いろいろ意見が飛び交う作品となってしまったもの。

だからこそ、たつき監督ファンから木村隆一さんへ厳しい一言が出ないかなど心配する声が上がっています。


たつき監督と、木村隆一監督。

それぞれのファンの言い合いに発展しなければいいな……と心から思います。

木村隆一監督のゴリホーモ事件とは?

木村隆一監督について調べていると「ゴリホーモ事件」に行き当たる人もいると思います。

これは「木村監督、都合の悪い意見は言論弾圧とかホントゴリホーモやわぁ」と発言した人のツイートに対し、木村隆一監督が「引用リツートで苦言」を言ってしまった……という話です。


このツイートに対して、木村隆一さんの反応は以下の通り。

木村隆一ゴリホーモ
出典:Twitter

確かにこの反応の仕方は、いろいろイジられても仕方ないかもしれません……。

木村隆一監督はエゴサーチが大好き?ブロックされる可能性も?

ではもう少しこのゴリホーモ事件について掘り下げてみましょう。

元々こういう話題が出たのは、木村隆一さんのツイッターの使い方が原因だったりします。


エゴサーチからのブロックに関して、あまり良く思われていないようですね。

木村隆一さんのWikipediaが荒らされる可能性は?

けものフレンズ第一期のたつき監督の騒動で、KADOKAWAのWikipediaが荒らされたことを覚えている方も多いのではないでしょうか?

現在、木村隆一さんのWikipediaを見ても荒らされていることはありませんが、今後の動きによっては悪意ある改変が加えられるかもしれません。

炎上からのWikipediaの改変はもはや定番と呼べるもの。

ある意味Wikipediaは様々な炎上の八つ当たりを受けている、可哀想なサイトなのかもしれませんね。

▼このNEWSをSNSでシェアしよう!