みんなのたまり場ブログ|みんたま

*

おさるの書道の腕前や実力がすごい!何段で評価は?誰に師事?

   

本日のみんたま芸能ニュースは、おさるの書道について!

おさるの書道の腕前や実力は?

おさるは何段で、世間の評価は?

おさるは誰に師事?

こんな感じで、がっつりと「おさるの書道」を解明していこうと思うんだ。

あ、最初にお話しておくけど、今日のおさるは、おさるとは言っても人間のおさるの話。

天才チンパンジーの話でも、賢いニホンザルの話でもない。

うん、えーっとややこしいね!とりあえず行ってみよう!

おさるの書道の腕前や実力は?

まず、話を始める前に、おさるについて少しおさらいをしておこう。

コアラ

コアラ

 

おさるは元々コアラとお笑いコンビ「アニマル梯団」を組んでいたのは覚えているかな?

ドアラ

結婚したコアラ

 

そしてそのコアラが2000年に三原じゅん子と結婚。

それでアニマル梯団が解散して、おさるは一人ぼっちのおさるになってしまったんだ。

それからおさるは、あの「今ではマツコ・デラックスにポジションを奪われた細木数子」のアドバイスで「モンキッキー」に改名して…

視聴率34%ごえという注目を集めたんだ!

でも

「あんたモンキッキーに改名しな」

って絶対アドバイスじゃないよねこれ。

だってさ、考えてみて?

おさる「こんにちは、モンキッキーです!^^」

これ、煽られてる気しかしないよね?

そんなことを配慮したのか、モンキッキーはある日突然「おさる」に名前を戻すんだ。

 

そしてそれから「宇都鬼」と改名。

 

ちなみにこれは「ウッキー」て読むらしいよ。

 

でも注意して欲しいのは、この宇都鬼という名前はお笑い芸人ではなく書道家としての名前だってこと!

だってね、おさるはもう随分と前に、芸能界を干されているんだ!

>>おさるが芸能界で干された理由はコチラ

では、ここからそんなサルも木から…ではなく芸能界から落ちたおさるの書道の腕前、つまり実力を見ていこう。

おさるの書道はうまいの?

多くの人がおさるの事を

「芸能界干されたから書道に逃げてるんでしょ?」

って思うかもしれないけれど…実はちょっと違うんだ。

 

おさるは、母親が書道家。

それで4歳から中学に入るまでずっと書道をやっていた経歴を持っている。

 

そんなおさるは芸能界を干されて、40才を迎えこう思ったらしい。

「40歳を前に、『人生も折り返しやな』って思ったんです。夏目漱石が教師を辞めて、作家として生きていこうって決めたのも40歳。ボクも本当にやるべきことを見つけなきゃあかんって」

え?

あれ?

あれ?

私はおさるが「芸能界干されたから書道に逃げたわけじゃない」って言いたかったんだけど…なんだろうこの違和感…

あれ?おさるって中学生じゃないよね?

まぁいいや、目を逸らしながら話を進めようね!

おさる

書道とバイオリン…悩むなぁ

 

おさるは実は、書道に関してはそれなりな結果を幼いころに出しているんだ!

それは

「小学校の時の硬筆展で大阪代表」

うん…あれ?あれ?

よし、とりあえず過去の話はおいておいて、今の話を見てみよう。

今、彼が出した結果は

第33回東京書作展 優秀賞

第34回東京書作展 特選

第35回東京書作展 部門特別賞

第36回東京書作展 特選

東京書作展 選抜作家展2015 東京新聞賞

第24回永和全国書展 大賞

第25回永和全国書展 大賞

第22回佐賀県書道展 佐賀県議会議長賞

なかなかの実力だ!

もう東京書作展なんて「おさる大会」みたいなくらいとりまくっているね!

こんなかんじでおさるは

ずっと収入のない状態で奥さんに支えられながら書道を続けて、2013年からようやく書道家として仕事をしはじめることになったんだ。

おさるは誰に師事?

おさると書道の出会いは、お母さん。おさる

でも彼がおさるという皮を脱ぎ捨てて「宇都鬼」というあたらしい存在になったのは、とある雑誌の取材で「松川昌弘」さんに出会ったからなんだ。

松川昌弘の圧倒的な書道パワーに、おさるは心を打たれたのだろうね!

もしかすると、おさるにとって書道は「救い」だったのかもしれない。

そんな圧倒的な書道パワーをもつ松川昌弘さんにおさるは弟子入り。

それが2008年なんだ。

それから書道家として仕事をするまで5年。

カラーひよこ

書道を芸術として捉えるなら、まだまだひよっこレベルだ。

でもおさるは今、週末には10時間以上書を書くなどのトレーニングを重ね、書道パワーを高めようと日々頑張っている。

おさるの書道はまだまだはじまったばかりだぜ!

おさるは何段?評価(つまり作品の価格)はどうなの?

おさるがいったい書道何段で、その評価がどんなふうか、もう少し見ていこう。

評価と聞くとすぐ「作品の値段」ではかろうとする人が出てきてしまうのは、とても悲しいことだね。

 

芸術は値段じゃないんだよ!

 

と、言いたいけど、残念ながら私は芸術のわからん庶民。ポプテピピック

書道とか見ても「ん?この漢字なんて読むの?」程度にしか思えないんだ。

 

では、そんな庶民でもわかる「おさるの値段=評価」を見てみよう。

 

おさるのホームページを見ると…

 

「応相談」

 

でたーでたー!!

 

いやもうね、余計に解んなくなっちゃったよね。

ちなみにそんなおさるは

  • 年賀状
  • 命名書
  • 看板
  • ロゴ
  • 名刺
  • 個人の以来OK!

ってかんじで、意外と芸術家していなくて「仕事なんでもやるよ」ってかんじみたいなんだ。

みんなもおさるに書いてほしいものがあったら気軽に問い合わせてみよう!

おさる

おさるの作品

 

ちなみみおさるは何段かっていうと…

段位は取得していない!

うん

「書は段なんかできめるものじゃねぇ」

ってことかな?

まとめ

いろいろと今日のお話を振り返ってみると、おさるは「書」に対してかなり真面目らしい。

仕事を何でもやるって姿勢は、どんなものにも思いを込めるってことの現れなのかもしれないし、彼が書だけに集中したのは40歳っていう人生の折り返し地点から、ずっと一本道でいく覚悟の現れかもしれない。

でもさ、私思うんだよね。

書道家名「宇都鬼(ウッキー)」

ってどうなの?

命名書を書いてもらった子供が大きくなって、お母さんに

「この書はね、ウッキーって人が書いてくれたのよ」

って言われたら驚くよね。

素晴らしい命名書でも、それを見るたび

「あー私の母さん、ウッキーとかいう人にネットで注文してこれ書いてもらったのか…」

と思うことまちがいなしだ!

 

 

というより…

書に集中するのに、あきらかに芸能人であったころを引きずってるよね!

もしくはあれなの?タレント議員みたいなかんじでやっぱりタレント力を利用するの?

ねぇねぇ、なんか水嶋ヒロのポプラ社大賞…

 

ウッキッキー!!(逃亡

 - 書道家