みんなのたまり場ブログ|みんたま

*

監視カメラで発覚!看護師の橋尾建吾が、患者から35万円を盗む!

   

兵庫県立尼崎総合医療センターで、橋尾建吾という男性が35万円を盗み、窃盗で逮捕されてしまいました。

しかもこの男、看護師というのがまたタチが悪い。

 

さらにさらに、被害者は救急搬送されてきた男性なんですよw

 

救急搬送ってことは、心筋梗塞とか、病名はわかりませんが緊急を要する状態で運び込まれてきたってことです。

そして治療を受けている間に、35万円が財布から亡くなるっていう。

なんで財布に35万円もなくなっていたのか結構謎ですが、詳しく見ていってみましょう。

監視カメラで窃盗が発覚

3月1日の午後0時~6時半ごろに、板金工の男性(63)が救急搬送されてきました。

そして、治療をうけ、所持していたものを返却してもらった時、厳禁の紛失に気付いたそうです。

監視カメラを見てみると、橋尾建吾という男性が盗んでいたことが発覚したというわけです(;´Д`)

同医療センターの米田義正管理局長は「県民の信頼を損ね、深くおわびする」と謝罪したようです。

 

さて、救急搬送されたときに看護師にお金盗られるとか、シャレになりません。

だって、ここ日本ですからね。これがフィリピンとかタイとかだったらまだわかるんですけどね。

あのあたりって財布置いておいたらすぐとられますし、自分の部屋にお金置いといたら、清掃の人にとられますからw

 

発展途上国だと、35万って大金ですし、そんな大金を入れておいた方が悪い、という理屈はわかるかもしれません。

でも、日本で35万って大金ですけど、劇的に生活が変わるほどの大金ではないでしょう。

 

普通に働けよ、っていう話です。まぁ、加害者にとっては大金に見えて、ちょっと心が揺らいでしまったのでしょう。

まぁ普通に35万所持して歩くってそうそうないですし、35万を束で持つこともそうそうないでしょうし…。

しかし、こんな事件があった病院にはもう行く気がでないですね。

 

35万円の窃盗が発覚したことにより、病院はどれくらいのダメージが発生するのでしょうか。

患者さん1人がいなくなると、かなりの金額が変わりそうですし。特に手術とかがなくなると…。

軽く億レベルで変わってきそうですけどね。なむなむ。

軽率な行動は身を滅ぼす、ということですね。

というか、この男性はバレるかもしれないとか思わなかったんでしょうかw

看護師って結構良い給料もらってるイメージですが、その職を失った方が相当痛いような。。

すくなくとも2か月で35万くらいだったらもらえてるはずですし。

リスクとってお金盗むより、節約して貯金しようよ(;´Д`)

 

 - 事件