みんなのたまり場ブログ|みんたま

*

「もっと普通の家やったら」万引きや窃盗、放火…荒んだ家庭が悪いのか?

   

さて、今回はなかなか考えさせられるな、と思ったニュースを紹介していこうと思います。

この話の発端は、起きた中学校での火災。

 

職員室を含めて、250mが焼失したそうです。

そして犯人は、中学生(;´Д`)

 

その学校の生徒だったんでしょうね。それぞれ、ヤンチャをしていた学生が起こした事件。

そして共通しているのは、全員家庭環境が悪く、片親だったこと。

本当に家庭環境が、悪かったのか?いつも通り、思った事を書いて行こうと思います(゚∀゚)

テレビのニュースで起きた16歳の少年

さて、この話の主人公は、当時16歳の浩一(仮名)という少年です。

この少年が属していたグループは、万引き、窃盗、無免許運転なんでもありで、ヤンチャの限りを尽くしていたグループだったそうです。

そして、それがエスカレートした結果、中学校に放火。

またびっくりなのが、放火した理由は「なんかでっかいことをしようや」という一言だったそうです。

放火して捕まった際に、同期を聞かれてもなにも答えられなかったそうです。

なぜなら何の恨みもないし、何の新年もないし、ただやりたかっただけですからw

 

もうなんか、世も末ですね。親の顔が見てみたいとはこのことです(`・ω・´)

 

で、浩一くんは計画までは関わっていたのですが、結局実行に移したのは他の3人。

なので放火に関しては関係ないそうですが、浩一くんも補導歴は17回に上るそうです。

で、ここからですが、この放火計画には実行犯が3人、計画に関わっていた子が10人程度いたそうです。

その共通点が、全員親が母か父の片方しかいなかったそうです。

荒んでる家庭の子供はグレる

さて、浩一は最初から両親が無いかったわけではなく、離婚だったそうです。

母親はパートを掛け持ちして生活費を稼ぎ、父親は給料を趣味に費やして、生活費をまったくいれない。

 

まぁそんな離婚は時間の問題という状況だったそうで、こんな父親を見て育ったら、グレるのも無理無さそうですねw

 

で、同じような仲間を集めて、コンビニでライターを万引き、それから徐々にエスカレートしていったそうです。

「貧乏のせいで、とは言わない。金が無くてもちゃんとしとうやつもおる。でも、もっと普通の家やったらと思うこともあった」(出典 ヤフーニュース

この時に浩一くんが思ったのが、「もっと普通の家やったら」ということらしいです。

結局お金がないことでカードやゲームが買えない、そして仲間はずれにされるという負のサイクルで、子供がグレていく。

そして、同じような中間が集まった時、非行や犯罪に手を染める、という流れですね。

集団意識が働いて、自分だったらできない事も、仲間とだったらできますから。

ちなみにこれ、8年前の話で、今浩一くんは自分で建設会社を立ち上げて、立派に働いているそうです。

子供がグレるのは親のせいなのか?

これ、どうなんでしょうね??

犯罪をしてつ捕まったり、誰かを殺したり、ずっと貧乏なのは家が貧乏だからだとか言ってみたり、いろんな場面で「親とか家のせいにする」ことってよく聞きますよね。

 

でも、私は家のせいにするって楽でいいですね。って思います。

 

家が~親が~お金が~とか言ってたら、なんか自分を正当化しているような気がしますよね。

そもそもこのニュース、不幸な事件とか、しんみりする雰囲気で書いてますけど、結局浩一君は立派に会社を建設して働いてますからね。

「この仕事で安定してお金が入るまで、家族は作らない。信用を積み重ねていくんだ。」って言ってますから。

こういった経験のおかげで、彼は今いろんなことができるようになった、と言っても過言ではないと思います。

 

何が良いたいかというと、人のせいにするって格好悪いよねってことです(゚∀゚)

これ、別に家庭環境だけじゃないんじゃないですかね。

 

会社が残業代出さない~上司が~客先が~なにかとあいつが悪い、これが悪い、社会が悪い、なんて聞こえてきませんか?生きていると。

一時期ホリエモンが、「ブラック企業が嫌なんだったら辞めたらいい」というツイートをして、炎上した事がありましたよね。

 

「勝手なこと言うな」「誰が次面倒をみてくれるんだ」「あなたがもっと条件が良いところを紹介してくれるのか」

こういうツイートに関して、ホリエモンが言ったのが「何から何まで人頼りか」というツイートでした。

 

私もその通りだと思います(゚∀゚)お前ら大人の癖に、自分でなんとかできないのかと。

 

「私は無能でどうしようもない人間です(゚∀゚)」

って公言してるのと同じですよ、情けない。

 

結局何かのせいにして、自分を正当化したいだけ。

給料が低ければ転職すればいいし、自分の能力が足らないなら高める努力をすればいいし、実績が足りないなら出せばいいですよね。

もの凄く悲壮感を漂わせて、同情を誘ってくるこういう書き方というか、ニュースはあんまり好きじゃないですね。

こういうこと言うと、「あ、やっぱり家庭環境が悪いとグレるんだ。オレは悪くない」とか思っちゃうじゃないですか、子供も。

 

いや、違うから。本人の責任だから。

会社の給料が少ないとか、休みが少ないとか、会社のせいじゃなくて本人の責任だから。

 

って、愚痴ばかり言ってる人を見ると思ってしまいますね(゚∀゚)

浩一くんは補導経験もろもろで、しばらく職に就けなかったそうですが、立派に会社を興してがんばってますよね。

なにもしなければ、フリーターの生活や、ニートの生活から抜けられなかったのではないでしょうか。立派です。

 

何が言いたかったっていうと、自分が後悔しないような人生を、だれのせいにもせずに歩んでいきたいですね、ってことです(゚∀゚)

そこに関しては、家庭環境がどうとか、関係ないんじゃないですかね。もっとお金持ちなら…もっと周りに恵まれていたら…そんなこと言いだしたらきりがありません。

 

自分が用意されたカードで、戦うしかないんですよ。

配られたカードに関して抗議するとか、悔やむとか、時間の無駄です。

 

まぁ、子供が何が良くて何がいいのかわからないのは当たり前です。

結局非行なんてやると自分が損するぞ、っていうのを伝えられない大人が不甲斐ないような気もしますね。笑

まとめ

結局過程が荒んでいることが悪いのか?という問題に関しては、学生時代の場合はそうなのかなと。

でも、成人してからは関係ないんじゃないですかね。自分次第ですから。

家庭が片親だろうが、なんだろうが、結局自分で進んでいくしかないわけで。

というか、ぼくも母子家庭の片親で貧乏な生活してきましたから(゚∀゚)

奨学金借りずに大学行けたり、医学部いけたり、1人暮らしさせてもらえたり、しっかり会社に就職してお金貰えてるのに文句ばっかり言ってんじゃねーぞって話です(・∀・)

 - 事件